猫とワタシ

わたしのキロク

眼と心に残ったもの、大切なものをキロクする私の日記です。

この記事のみを表示する現在と未来。

わたしのこと

0748.jpg

就職して2年目…
振り返っても人生で一番辛かった時期。

いろんな事があって信じる人もいなかったけど…

あがいても何も変わらん。
今からやることは10年後の自分のために考えろ!

そう言ってくれる人がいた。
だらしないオヤジだったけど(笑)
なんか感性が似てた。

転職も好機…
自営に繋がり、ネームバリューをなくしても…
自分なりに必死で頑張った。

だから、結婚・出産・育児のときも…
心に余裕がもてたのかもしれない。

じゃあ… この10年間は何してきた?
自営も程々をキープしてダラけていただけ?
引き籠ってブクブク太って…。

45歳を迎える前に考える日々が続いてた。

スポンサーサイト

この記事のみを表示する冬の家。

ひとりごと

0747.jpg

間接照明だったり蛍光灯の色がすき。

明々した部屋が大好きな夫…
ひとりで過ごす日はこんな感じが落ち着く(笑)

だけど冬の帰宅は…
温かく明るい部屋で迎えてあげたい。

働きはじめても姉妹にそれだけは…
甘い考えかな。

暑い部屋はいいけど
寒い部屋は寂しく感じるのは私だけかな…。

この記事のみを表示する呼び名。

ひとりごと

0746.jpg

わが子に自分の事を「○○ちゃん」「○○くん」
そう呼ばせる親が増加してるらしい。

正直、何故なのかわからん…

自分の事とわかれば何と呼ばれても構わないのが本音(笑)
そんな遺伝子をもつ姉妹は勝手に呼び名をかえる。

付箋に似顔絵が書いてPCに貼る姉さん。
それぞれの家だって…

「マミ子」 「パピ子」 「ササィ子」 「ピッピ」
誰一人、正式名不明(笑)

この記事のみを表示する親心と子心。

ひとりごと

0745.jpg

親となり最大の試練は子離れらしい。

「まだまだ」と思っていたけどそんな事もないかな…
自分の気持ちを言葉にする姉さんが言った。

バザーは○○ちゃん達と行く♪
楽しみでワクワクするけど…
パパとママと行けないのは寂しい。
おかしいかな…。

凄くわかる(笑)

私も食事のあと、まだ食事してる母の膝の上に座ってた。
姉さんと同じ甘えん坊。

友だちと出かけるのは楽しみだけど…
どこかで寂しかったり心細かったりした(笑)

母の膝に座るのはもう一つの思いもあった…

三世代で暮らしていた実家。
みんなが食べ終える頃食べ始める母が食卓に残る。
幼心に一緒にいてあげたかった…

そんな幼心が似てるのは妹さんかな…
わかりにくっ(笑)

この記事のみを表示する幸せ。

わたしのこと

0744.jpg

私の誕生日を祝ってくれてありがとう。
私はとっても幸せです。
なぜならば、あなたたちがいてくれるからです。

姉さん、労わりの心いっぱいの手紙をありがとう。
妹さん、私の笑顔を愛してくれる手紙をありがとう。
感謝と愛情とまちがえた漢字の手紙をありがとう。
…夫さん(笑)